日本初!完全成功報酬型
内定辞退防止コンサルティング
0120314960受付時間 平日9:00~12:00 13:00~17:00
内定辞退防止のヒント
採用活動のチェックポイント

企業説明会は自社の強みや特長を「就活生にとってのメリット」に翻訳して伝える場

入社先企業を既に決めている就活生に「その会社に入社したいと最初に強く思ったタイミング」を聞いた調査があります※。トップは「面接期間中(1次面接~最終面接までの間)」となっていますが、2番目に多かったのが「企業説明会(合同・個別説明会の合計)」です。(※2019年卒マイナビ学生就職モニター調査7月版)。                                           

従って企業説明会は採用プロセスの序盤でありながらも就活生の入社先決定に大きな影響を及ぼすイベントであり、内定辞退の防止にとってもたいへん重要な場です。

就活生のニーズに沿った構成と運営への改善


企業説明会は、参加者にその企業のいわば「第一印象」を与えるに場となります。従ってその内容や運営に関しては就活生のニーズを理解して、それに沿った形にしていくことは「企業好感度」を高め、内定辞退の防止にも役立ちます。

上記と同じマイナビ社調査の4月版では、企業説明会に関する就活生の意識調査結果が報告されており、そこには就活生の説明会に対する様々なニーズが表れています。たとえば個別説明会の長さは7割以上の就活生が「1時間半から2時間程度」が望ましいと考えており、説明会では「社風や社内の雰囲気」に関する情報をもっと知りたがっていることがわかります。

また、個別企業説明会の印象を悪くする要因としては「社員の態度」や「説明会の段取り」などが上位に挙げられており、他も含めて事前準備段階で改善可能なものが多く見られます。このことからは、就活生のこうした意識調査を参考に企業説明会の内容・運営を見直すことで企業の「第一印象」を改善できる余地が十分あることが窺えます。

企業の魅力・特長を効果的に伝えるためのチェックポイント


もちろん企業説明会は企業の第一印象を高めるためだけのものではありません。本来の目的は、企業の特長や魅力を就活生にアピールし、自社への志望動機を高めるところにあります。このことはもちろん内定辞退の防止という意味からも極めて重要です。

ただ、上記の調査結果にも説明会の印象を悪くしている要因として「プレゼンテーションが下手」「説明内容がホームページを見ればわかるような内容だった」というような理由も上位に挙げられているのを見ると、説明会で企業の特長や魅力を十分伝えられていないケースも多いことが窺えます。

そこで企業の魅力や特長を効果的に伝えるために、下記の2点をチェックしてみることをお奨め致します。

1.魅力・特長は鮮明になっているか
  たとえば「急激な成長性は無いが、マーケットシェアは高く安定性は抜群である」「企業規模では
  業界内でトップクラスとは言えないが、教育・研修の充実度は業界トップクラスだ」等々、他社と
  比べてどんな魅力・特長があるかという点を鮮明にして、それを説明会に携わる全員で共有するこ
  とで魅力・特長の訴求力が高まることが期待できます。

2.魅力・特長は「就活生にとってのメリット」という視点で表現されているか
  就活生はまだ企業の一員としての就業経験が無いため、たとえば「シェアが高くて安定性は抜群」
  と訴えても、それを魅力としてリアルに実感しにくい人もいるでしょう。そこで「安定性」を「将
  来的にリストラされるリスクが極めて低い」と言い換えることで安定性が自分にとってどんな「メ
  リット」があるかをイメージしやすくなるかもしれません。或いは「教育・研修が充実した会社」
  という点を「あなたの市場価値を高められる会社」と表現することで、教育・研修を自分にとって
  の「メリット」として理解しやすくなるということもあるでしょう。

企業説明会は、企業の魅力や特長を「就活生にとってのメリット」に翻訳して伝えることができ、就活生のニーズに沿った内容・形で運営することができれば、志望動機を高めて内定辞退の防止にも大いに効果を発揮することが期待できます。

✔ 他の“内定辞退防止のヒント”を見る

内定辞退でお困りでしたら、先ずはお問い合わせ下さい。
0120314960
受付時間 (平日)
9:00~12:00 13:00~17:00
ページのトップへ戻る